グループウェアを利用した情報共有とは


会社の中で全員が同じ目的意識を持って仕事をするためには、全員が同じ情報を共有している事が大切です。
もし誰か一人でも会社で起きている出来事について知らない人がいれば、その人に対して会社で起きている事を説明する手間が発生してしまいます。

そこで、グループウェアと呼ばれる情報共有のためのソフトを利用する事によって、会社の同じグループに属している人全員が情報を共有する事ができるようになるのです。グループウェアでは、スケジュール管理を社員ごとに行う事が可能になるというメリットがあります。



どの社員がいつ外出するのかといったデータをグループウェア上にあらかじめ登録しておく事によって、正確な帰社時間を全員が把握できるようになります。


また、連絡先の共有機能を利用する事によって、必要になった場合に該当する社員に誰でも速やかに連絡を取る事が出来るといったメリットが生まれるのです。

また、グループウェアでは社員全員が共通認識として共有しておくべき情報をファイルとして保存しておく事によって、誰でもそこにアクセスする事のできる権限を与える事が出来ます。

All Aboutが一般的になってきました。

これにより、グループウェアにアクセスする事の出来る人間は全員が必要な資料を手に入れる事ができるようになるのです。



しかも、高いセキュリティー性能を持っているために、部外者がアクセスをしようとした場合でもパスワードによって守る事ができますので、情報の社外への流出を防ぐ事が出来るといったメリットもあります。